topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺眞子さんのお話し会 続き - 2010.07.29 Thu


28日 に 逗子で 行われた
渡辺眞子さんのお話し会@coya

我が家の てん も 私たちが ペットショップに行って 買った仔です。

ペットショップの 流れとして ブリーダー(繁殖屋) にいた
子犬たちは まだまだお母さんの お乳が 必要な時期に
ある時 突然お母さんから 引き離され 段ボールに入れられて
トラックで運ばれ 動物の 「市場」に 連れて行かれます
そこでは レールの上に 子犬や子猫が 入った段ボールが 流れて来て
真ん中まで 来ると 箱からひょいっと 持ち上げられ
背中を見せて お腹を見せて 落札されます
落札する側も 1匹1匹じっくり見るわけもなく 遠くから大まかな
見た目だけで 判断し 落札するのでしょう
落札された 子犬子猫たちは また段ボールに詰められて
トラックで お店まで運ばれます

ある時 お母さんから突然引き離され 箱に入れられて 荷物のように
扱われる....コレが てんたち ペットショップで 売られていた仔たちの
初めて見る 社会です

お店に着いても すぐに店頭に 出されるわけではなく お店の奥で
店内ゲージに 入れられるのを 待ちます

とある大きなペットショップチェーンでは この間に 年間200頭の 子犬や子猫が
亡くなっているそうです。
でも この数字は どこにも発表されていません
しかも とある 1カ所のペットショップチェーン だけでの数字です。

犬や猫たちは 死んでからも 売買されています
毛皮が あるからだそうです.

渡辺さんのお話しの中に 血統書がいかにナンセンスなことかというお話しが
ありました。
個体認識の必要が ない現在の血統書発行システムでは いくらでも
偽造が できるということでした
その中で 血統書を みると自分の愛犬が 母犬の何回目の 出産で産まれた仔かわかる
というお話しが あり 家に帰って てんの血統書を改めて 見てみました

てんは てんの母犬が 6歳の 時に 10回目の出産で 5匹産まれた うちの1匹でした
きっと1歳の頃から 1年に2回のペースで 出産していたと思われます。


渡辺さんは
ペットショップだけが 悪いわけではない
繁殖業者だけが悪いわけではない
ニーズがあるから 商売に なるんだ......と言いました

避妊手術をさせずに 毎年飼い犬が 産んだ子犬を
目も開かないうちに 平然と 生きたまま 土に埋めて殺す風習
フィラリア予防を せずに 犬が弱ると 「もう飼う意味がない」と保護センターに
持ち込む人たち
この人たちだけが 悪いわけではない
無知なだけ。 昔からそうしていたから....自分だけじゃないのに 何が悪いのか。


誰もが 知りたくない世界の お話し
耳をふさぎたくなるような お話しの 数々

でも 一生懸命 伝えようと している方達がいます
一生懸命 一つでも 救える命を 救おうと 自分の 人生を なげうって
頑張っている人たちがいます。


私は そこまでできないから
私は 今飼えないから
ではなくまずは 知ることから 始めたいと思います


渡辺さんが 何度も 言っていたのは
センターにいた仔は きっと何か ある仔だろう
きっと何か 心に 傷を負っているから 飼うのは大変だろう

この偏見を取り払って ください

ペットショップで 売られている仔たちと 同じです
虐待されていた仔 は しばらく怖がりかも しれないけど
一歩づつ歩み寄ることだってできます

中には 酷い目に遭って来ただろうに それでも人間が大好きで
人を見ると 尻尾を振って 近寄らずには いられない仔がたくさんいるんです。




今回の お話しで お店のレジ横に 少しだけ 渡辺さんの 本が 販売されていました

私は
「世界に たったひとつの犬と私の物語」
「幸福な犬」
の2冊を 買いました

そして 「世界にたったひとつの犬と私の物語」だけ 読み終わりました
この本には 悲しいお話しは ありません
心に ずどん!と 響く
温かいお話しばかりです

あとがきの中に あった単語が とても気に入りました
「しっぽ付き家族たち」

なんか良い言葉です♪


::::::::
尚, 私は このブログによって 特定の方達を 非難するつもりは全くございません
気分を 害される方達が いるかもしれませんが
昨日の お話し会で聞いた お話しを 自分の感想と共に
日記にしました

昨日のお話し会では 渡辺さんが 誰も責めることなく 優しくお話ししてくださいました。
もし文章の 中に えらそうだと 感じるところが あるようでしたら 私の文章力の
なさです 申し訳ございません

私自身 このような 日記を 書きましたが てん が居た ペットショップの店員さん達は
とても親切で 良い方達ばかりでした
近所のペットショップの店員さん達も 皆さん良い方達ばかり...
しかも 「信頼あるブリーダーからの子犬」という言葉。
信じたいです。 でもそうではないかもしれない....
あそこだけは 違うかも...なんてことを 考えてしまうこともあります

それに やっぱり保護されている仔たちは やっぱり トラウマがあるかもしれない....
なんて 考えてしまうこともあります。
人間が 好きな仔も たくさんたくさんいるのに
殺傷処分されるその時まで 誰かが 迎えに来てくれると信じて待っている仔も
たくさんたくさん 居る

何が真実なのか 見極められるように コレからも
勉強していこうと思っています


気分を害された方には 申し訳ございません

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tentocarpdaisuki.blog135.fc2.com/tb.php/125-5862f4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

王様月間突入! «  | BLOG TOP |  » 渡辺眞子さんのお話し会

プロフィール

てんはは

Author:てんはは
2008 9.20 生まれの ジャック ラッセル テリア てん
と てん父 てん母 の生活の日記です

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
てん (59)
お出かけ (39)
真面目な話し (15)
そらちゃん (2)
カープ (5)
キャンプ (28)
体の心配 (18)
父と母のこと (8)
記念日 (10)
お散歩トレーニング (65)
日常のこと (20)
てん父の日記 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ありがとう♪

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。