topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは... - 2010.02.22 Mon


昨日 川崎に行ってきました

空母さんと 一緒に 映画を観ました
観た映画は 飯田基晴 監督の 「犬と猫と人間と」という映画です。
今の日本で 毎年大量に 飼い犬たちが 捨てられ 「安楽死」という名で
もがき苦しんでいく 無力な動物たちの 現実を写したドキュメンタリー
映画です

空母さんのブログに 会場の写真などがあります

元々 動物にあまり興味がなかった 飯田監督が 人に依頼をされ
この映画を 撮ることになったということで 監督自身が 調べれば調べる程
酷い現状を知っていくという ドキュメント映画の為 初めての方でも
監督と一緒に どんどんいろんなことを知っていけるような 内容になっていました

でも とても残酷な映像もあります。

でも それは 全て人間の 責任です。
私たち 人間のしでかしたこと だと思います。
酷いことを する人たちが いるもんだと 他人事と思わず
私たちが 酷いことをしたんだと 反省するべきなのかと思います。

とはいえ 年間30万頭 の犬たちが 殺処分 されている現状を
すべてなくす! というのは 理想ではなく 空想だ。
という言葉が 映画の中にありました。

30万頭の 犬たち( 猫はもっともっと多いようです)を全て助けたい。
でもそれでは 空想で終わってしまい 結局何もできない。
立ち向かう現実が 大きすぎて 何もできない


では 私たちに何ができるか?

映画上映の後に 監督の飯田基晴さんと 今回「犬といのち」という
本を出版され 保護活動などをされている 渡辺眞子さんの
トークショーが ありました。

まず私たちが できることは
30万頭を 助けることより すぐそばにいる 1頭を助けること。

*犬を 飼おうとしている人に 一時預かりさんのところで
家族を 待っている 犬たちがたくさんいることを 知ってもらう。

*犬を捨てようとしている人に 最後まで飼い続けるように話しをする。

*悪質なペットショップを見つけたら 警察に通報する

他にも 保護活動に 参加したりするのはもちろんですが

やはり 私たちが確実に 現実的に 今やるべきことは
*今一緒に暮らしている 犬が寿命を全うするその日まで
責任を持って 一緒に暮らす


私は 何もできない

と 嘆かず できることを 探すことから始めましょうと
いう お話しでした。

人それぞれ 生活環境 生活状況も 違います。
他の人が 立派なことをしているが 私は同じようなことは
できないと 嘆くのではなく
こんなことが おきているのよ....と 人に話すことから始めましょう。
まずは知ることから始めましょう



今回の 上映会行ってみて本当に良かったです。
渋谷でも 上映されているようなので 良かったら
みなさん 行ってみて下さい。


今回 渡辺眞子さんの 出版記念で 「犬といのち」の本が
50冊 限定で 販売されていました。
昨年 ONE! ひとつきりの命たち の イベントで
サイン会などはしておらず スタッフとして 働いていた
渡辺さんに 握手して頂いて 泣いてしまい
「あなたなんで泣いているの?」 と聞かれ 「わかりません」
と言って帰ってきてしまった私。
今回 渡辺さんの 本にサインをしていただこうと 並んでいたら
「あら? あなた前にも会ったわね」と 覚えて頂いていたことに感激しました♪
(まあ, かなりの不審者で 良い印象ではないと思うんですが...
この際それは置いておいて)
あまりの感激っぷりに 舞い上がり 「はい!以前にも握手していただきました!」
とうきうきと 場違いな素っ頓狂な 喜びの声を 上げてしまいました
私の 次にサインをしてもらった空母さんも 「私姉です♪」と
言っていたみたいです。
ゆでだこ姉妹 川崎にも出没してしまいました
反省です

● COMMENT ●

No title

空かあぁさんのところでも見てきました。
自分が出来ることってなんだろう・・・って
真剣に考えちゃうよね。
でも、知らないことも罪だから、がんばってちゃんと現実を受け止めなくちゃいけないんだよね。
来月チャーリーママさんと愛護センター見学に行くんだけど、
ワンコさん達の前では絶対に泣かないって決めてるの。
無理かもしれないけど、踏ん張る。
だって、みんな希望を捨ててないはずだもん。
私が涙を流したら、ダメだよね。

渡辺さん、てん母さんのこと覚えててくれたんだ!
すごいーーーっ!

No title

はなのおかあちゃんへ
本当に本当に難しい問題ですよね
でもいろいろ知っていこうと思います。いつか何かできるようになりたいです。おかあちゃんは愛護センターに見学に行かれるのですね。
わんこさん達の前で泣かないのはなかなか難しそうですね。

渡辺さんが覚えていてくださって嬉しかった~(^-^)/です

No title

花粉具合はいかがですか?

てん母さんの涙、渡辺さんが覚えて下さっていたんですね。 「姉です」のちゃっかりおねえさんもかわいい。

昨日コメント書いて送信しようと瞬間”消えました” 
えっ!? でしばし固まってしまいました。
気を取り直して。 ゆでだこ姉妹、いっぱい出現してー!

どうして”これでもう十分”と限度を考えられないんだろう。 こうやって命がどんどん無かったかのように摘み去られるのも、お金の為だったら出来るんだろう。
そしてその為に巨額のお金が無駄に使われる。。。おかしい。
みんな幸せにならなきゃいけないのに、本当に悲しいです。

実はこちらで犬を飼っていた日本人カップルが帰国が急に早まったから連れて帰れないと、愛犬(!?)を売りに出して、なんとか出来ないかと何人かで接触しているのですが、捨てていきそうで、ブルーです。 日本は動物の輸入がとても厳しいので、半年前からの準備が必要なのです。 帰国がはっきいり分かっている人が飼ってはいけないのに。。。。  
アメリカだったかな、そんな日本人がたくさんいるらしく、日本人にはペット売らないっていうところも出てきたようです。


 

No title

ぽちんちのママさんへ
ごめんなさい コメント消えてしまったんですか!!
私も 時々他の人のところにコメント入れて送信したとたん消えたりすることがありますが, なぜなんでしょうねえ....

渡辺さんが 覚えてくださっていて 本当に感激でした♪
(でも ホントに以前「変わった人...」って思ったんだろうな....がははは)

本当に悲しい現実がたくさんあふれていますよね。
命をする人達の手助けをするような お金の使い方に
疑問を持ちます。

ええええっ!! いずれ日本に帰ることがわかっていたのに
飼っていた愛犬を 手放すんですか....
ちょっとブルーになりますね。 今度こそ本当に可愛がってくれる飼い主さんが見つかることを祈っています。
日本人=そんな人達 と海外で 思われているのが悲しいですね

No title

あらぁ 川崎ですか@@
我が家の住む隣の駅です
とても内容の深い映画なのですネ

お犬様育てをしているワタシも このような映画やご本に
触れなくてはと思いました!

No title

brandy7さんへ
川崎は ぶらんちゃんちの お隣エリアなんですか~♪
すごく お店いっぱいで 楽しい町でした♪
私 初川崎でした♪

映画は とっても深い映画でしたよ。
でも深いだけに テレビで 放送されることは決して無いのかもしれません。
是非 何か機会があれば観てみてください♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tentocarpdaisuki.blog135.fc2.com/tb.php/93-77623286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もうすでに... «  | BLOG TOP |  » うんまかせ

プロフィール

てんはは

Author:てんはは
2008 9.20 生まれの ジャック ラッセル テリア てん
と てん父 てん母 の生活の日記です

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
てん (59)
お出かけ (39)
真面目な話し (15)
そらちゃん (2)
カープ (5)
キャンプ (28)
体の心配 (18)
父と母のこと (8)
記念日 (10)
お散歩トレーニング (65)
日常のこと (20)
てん父の日記 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ありがとう♪

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。